企業の通信費を節約|簡単な物から複雑な物まで再現できる3Dプリンター

簡単な物から複雑な物まで再現できる3Dプリンター

女の人

企業の通信費を節約

電話

通信回数や距離に依存

IPフォンをビジネスに導入する場合、普段の通信回数や通信距離に注意する必要があります。支店や営業所との電話連絡が多いとき、また海外と頻繁に電話するようなときは、IPフォンのメリットが最大限に発揮できます、反対に、社内での電話回数が多くないときは、それほど大きなメリットを期待できません。IPフォンはインターネット回線を通じて音声信号を送る技術ですが、今では動画での通信もできるようになっています。電話回線に比べて通信料金が安く、とりわけ同じ事業者のIPフォンを導入すれば、社内の電話代は無料になります。社外の固定電話にかけるときも、距離にかかわらず同じ料金なので、一般に長距離電話ほどお得になります。

専用のアプリも

企業で導入されているIPフォンの多くは光回線などのブロードバンドを使用するタイプで、音声品質が高いことや、従来の電話番号をそのまま引き継げることがメリットです。通常のIPフォンは050で始まる電話番号を使いますが、それに切り替えるのは抵抗があるときでも利用できます。ただしIPフォン同士の電話でも無料にならない場合があります。このほか社員個人のスマートフォンに、ビジネス専用のIPフォンアプリを入れるという方法もあります。1台のスマートフォンで、プライベート用とビジネス用の2つの電話番号を持てる仕組みです。この方法だと個人のスマートフォンをビジネスに使うことができ、電話料金の精算が楽になるというメリットがあります。