簡単な物から複雑な物まで再現できる3Dプリンター

男女

企業の通信費を節約

電話

ビジネスにIPフォンを導入すると、社内での電話代は無料になり、社外との通話も長距離になるほど割安になる点がメリットです。ブロードバンド回線を使用するIPフォンのほか、社員のスマートフォンに入れるアプリもあります。

Read More

ランニングコストを軽減

ウーマン

企業では資料を作成して掲示したりすることがあります。その場合にはラミネートをしておくことで何度も印刷をする必要を減らすことができ、紙資源の削減にもなります。注意点としては紙以外には使用しないということと、温度に注意するということです。

Read More

立体をプリントアウト

3Dプロッター

データから造形物を作成

これまでプリンターといえば、紙という平面に印刷するための装置でした。それを上回る機能を持つのが3Dプリンターと呼ばれる装置です。これは3Dという名称が表すように、立体を印刷できるのが特徴です。データを3Dプリンターに投入するとそれを元に樹脂が加工され、立体物が出来上がるようになっています。データはモデリングツールやCAD用のソフトなどで作られ、製品の試作品作りにも使われています。3Dプリンターの造形力には素晴らしいものがあり、すでにメーカーで導入されている他、アメリカの軍隊では兵器を製造する機器としても研究が進められています。これまでの製造現場を大きく変革する力を持つ3Dプリンターは、今後も幅広い分野で活躍が見込まれています。

作りたい物に合わせて選ぶ

メーカーからは多様な種類が発売されている3Dプリンターだけに、導入の際にはそれらの違いや特徴を比較しておくと最適なものを選ぶことができます。本体のサイズは、プリントで出来上がる造形物のサイズを決定づけます。手のひらサイズの物をプリントしたいのであれば、小型のものでも構いません。より大きなサイズの物をプリントするには、大型の3Dプリンターを選ぶか、出来上がりをいくつかの部品に分けて後で組み上げるという方法が効率的です。装置の性能によって、出来上がりの精密さも変わってきます。高級な製品ほどピッチが細かくなり精密に造形できます。一方で大まかな形状のみ作り出したいのであれば、それほど性能の高い装置でなくても十分です。性能によって価格も変わってくるため、作りたい物に合わせて選ぶのがコツです。また、これは企業向けに工場などで使用する部品などを造ることもできます。企業向けのプリンターは、再現率が高く高品質なものが求められます。そのため、企業向けプリンターを開発している会社に直接購入依頼を出すといいでしょう。開発会社のHPには商品の詳細が載っているので、これをチェックしておくのがおすすめです。

事業で使う電話には

婦人

事業で使うビジネスホンを新しく導入したい方や、今の機材の買い替えを検討中の方は、リース契約のものを考えてみては如何でしょうか。イニシャルコストを低減できますし、費用抑制や色々なメリットが考えられます。

Read More